スポーツ障害治療

  • スポーツ障害、外傷とは
  • 主な症状と治療
  • 治療の流れ

スポーツ障害・外傷とは?

スポーツ障害とは、一般的にスポーツ傷害とスポーツ外傷とを総称した言い方です。
厳密には「スポーツによる運動器の外傷(スポーツ外傷)」と「スポーツを続けることで起きる身体の障害 (スポーツ障害)」
の2つに区分されます。

スポーツ外傷

運動中に転んだり、人とぶつかったりした場合の強い外力によって起こるケガです。
からだに働く力が大きいため、けがの重症度も高くなる傾向にあります。

局所の治療は当然ですが、けが以外の部分の持久力や筋力などの機能を落とさないトレーニングも必要となります。

けがの原因の背後に身体的な特徴や運動の癖など身体的問題が無いことも特徴で、
日常生活で起こる外傷(怪我)と同じようなものが多いです。

スポーツ障害

ほとんどの場合、過度に継続的な力が運動器の同一部位に加えられることによって起こります。
金属類を繰り返し曲げ伸ばしすると折れてしまう金属疲労と同じです。

多くの場合、負担がかかる動作の繰り返し、無理な姿勢など明らかな原因があげられますが、
本人や指導者も気付かない運動方法や運動時間に問題が認められる場合もあります。

障害には必ず原因があること、一旦発生すると最悪日常生活までに支障をきたすことを防ぐためにも、
運動前後のメディカルチェックや日頃からの運動器のケアを心掛け、何よりも予防することが大事になってきます。

主な症状と治療

  • 肉離れ
  • 捻挫
  • 打撲
  • 骨折
  • 筋肉痛
  • 突き指
  • 脱臼
  • 椎間板ヘルニア
  • 野球肘

肉離れ

原因

肉離れが起こる原因は、脚の筋力にあると言えます。肉離れが起こる太腿の筋肉であるハムストリングや脹脛の腓腹筋は、身体の全重量を支えるため強い筋力を持っています。肉離れは、これらの強い筋力を持つ脚の筋肉が収縮している際に、自分が出した筋力に耐え切れず部分断裂を起こすことで発生します。肉離れの原因となる筋肉の部分断裂は筋肉痛でも起こっていますが、筋肉痛の場合は筋肉組織を構成する筋繊維が断裂しているもので、肉離れのように筋肉組織が部分断裂を起こす場合とは比べ物にならないと言えます。

治療法

肉離れが起こったら早急な対処をすることが、肉離れ治療の基本であるといえます。
「横になって安静」「患部の冷却」という応急処置の鉄則を表しています。
場合によっては電気刺激を与えたりといった治療法が行なわれます

原因

捻挫は、手首または足首の関節が開いた状態で不自然なカタチにひねることを原因として発生します。
この時、捻挫を招く原因となるのが自分の体重です。
手首や足首は自分の体重をある程度支えられる強さを持っていますが、関節が開いた状態になっていると、支えられる重量は少なくなります。
開いた関節に何かの拍子で自分の体重が掛かって、関節が限界以上に開くことで靱帯が損傷して捻挫を発症するのです。

治療法

RICE処置もI(アイシング)以外は捻挫の回復を遅らせます。
Rest(安静)は逆に筋力低下を引き起こし、compression(圧迫)とlevation(挙上)はひどい循環障害を起こして後遺症の原因になりえるので、治療方法には注意してください。
場合によっては電気刺激を与えたりといった治療法が行なわれます。

捻挫

打撲

原因

打撲は別名を「打ち身」と言うように、転倒やものに強くぶつかるなどして起こります。
打ち付けられた部位は、皮膚の下に通っている毛細血管が切れて内出血をおこしてしまい、あざができます。
打撲で出来るあざの色は人それぞれで、多くの場合は「青タン」と呼ばれるような青いあざになります。
打撲は、主に野球やサッカーなどの球技や、バスケットボールや走り高跳び・棒高跳びなどのジャンプを多用する競技の選手に多く見られます。

治療法

打撲への応急処置としては、スポーツ障害の処置の基本である「RICE」が有効です。
安静にして、痛みが治まるまで患部を冷やすのが基本となります。
患部へのアイシングは15分程度に抑え、痛みがぶり返してきたら再度アイシングをする、という処置を施します。
頭や胴体を打った場合は、直ちに安静にさせます。
頭部打撲では意識障害が起こる場合があるので、頻繁に呼びかけて意識の確認を行います。
意識障害がなかったとしても、後々吐き気や手足の麻痺などが起こる場合もあるので、なるべく早めに病院で精密検査を受けることをおすすめします。
腹部や胸部を打撲した場合、肋骨や胸骨が骨折している可能性もあるので注意が必要です。

原因

スポーツ障害として起こる骨折の中で多いのが、「疲労骨折」です。
金属疲労のように、長期に渡って骨の同じところにストレスが加わって折れてしまう骨折で、気付かないうちに進行している場合が多いです。
スポーツにおいては、長時間の疾走や跳躍等を繰り返し行うことで起こるとされ、発生頻度はサッカーや陸上、バスケットボール等が上位を占めます。

骨折

筋肉痛

原因

筋肉痛は、筋肉の働きと伸縮を原因として発生します。
筋肉は本来、収縮することで力を発揮する性質を持っています。
この収縮によって力を発揮する筋肉の働きを「コンセントリック収縮」と言い、逆に筋肉が伸張しながら力を発揮する働きを「エキセントリック収縮」と言います。
筋肉痛は本来の働きではないエキセントリック収縮が原因です。
エキセントリック収縮は、筋繊維が伸びきった状態で力を出そうとするので、筋繊維が小さな断裂を起こしやすくなります。
この筋繊維の断裂が筋肉痛の痛みを起こす原因となります。

治療法

筋肉痛の痛みは、筋肉の炎症が原因の一つとなっています。
この炎症をアイシングなどで冷やして鎮めた後で、マッサージや入浴で温め血行を良くして治りを早めるのが筋肉痛の治療の基本と言えます。
冷たいシャワーを浴びた後湯船に浸かって温まるといった「温冷浴」や冷湿布が効果的です。

クールダウン

運動後のクールダウンは、疲労の回復だけでなく筋肉痛を防止する為の重要な役割を持っています。
運動をした後の筋肉は、強張った状態になっていると言えます。
この筋肉の強張りは血流を阻害して筋肉痛を長引かせる原因になってしまいます。
クールダウンでストレッチ体操を行い、筋肉の柔軟性を取り戻して血行を促進することで筋肉痛の発生を予防または痛みを抑制する効果が期待できます。

原因

突き指は素手でボールを扱うことが多い球技に起こりやすいのが特徴です。
具体的には、野球・バレーボール・バスケットボールなどですが、場合によってはサッカーのゴールキーパーにも起こります。
これらのスポーツの共通点として、「ボールを指先で捉える機会が多いこと」「倒れたとき地面に指先がつく機会があること」などがあげられます。
特にヘッドスライディングで指先から滑り込む野球や、回転レシーブなどで指先を地面につけるバレーボールが突き指を起こしやすいスポーツとなっています。
そして、これらのスポーツは、指先の使い方が試合の結果に大きくかかわってくる性質を持っているため、突き指によって選手生命を左右することも充分にありえるのです。

治療法

突き指は、簡単に治るものと甘く見られがちな部分があります。
俗に「突き指をしたら引っ張ったらいい」と言われていますが、逆に指の骨の脱臼や腱の炎症を引き起こす原因となってしまうので決してしてはいけません。
突き指を起こした場合は、RICEにしたがって患部の冷却を行います。
ただし無知識なままテーピングや包帯などで無理に固定すると、循環障害を起こす場合があるので危険です。
突き指は骨折や腱の断裂を伴う可能性があるので、そのままにせず専門家を受診してください。

突き指

脱臼

原因

脱臼は、相手の選手との接触が激しいようなスポーツによく起こります。
特に相手の関節を攻撃の起点とする柔道は、脱臼とは切っても切れない関係だと言えます。
それ以外のスポーツでは、野球やサッカーなどの球技や、テニスや水泳など関節を大きく使うスポーツがあげられます。
脱臼は相手との衝突の時だけでなく、自分の力によって発生する場合もあるので注意が必要です。

治療法

脱臼した関節を元に戻すことを「整復」と言います。
脱臼の治療は、手や足を引っ張り靱帯が収縮しようとする力を利用して元の位置に戻すのが基本ですが、素人が行うと正常な位置にもどせない場合があるので、専門の整体師や整形外科医に見てもらうことをおすすめします。

原因

椎間板ヘルニアの患部となる椎骨は、背骨を形成している部品の一部であり、めったなことではヘルニアは発症しません。
しかし、老化により骨や筋肉がもろくなると、椎骨と椎骨の間にある組織が上半身の重さで潰され、中にある椎間板が背中側にはみ出してしまい、椎間板ヘルニアが起きるのです。
スポーツ障害としての椎間板ヘルニアは、テニスやゴルフなど強い腰の捻りを頻繁に行うスポーツで多く見受けられます。

治療法

椎間板ヘルニアは、大抵の場合自然治癒することが多く、保存療法で治療するケースがよくあります。
しかし、症状が重くなると手術をしないと治らない場合があるので一概には言えない、というのが現状です。
しかし多くの場合周囲の筋肉・関節の治療を行い、状態を安定させれば自然治癒してゆきます。
特に、ウォーキングや水泳など軽微な運動を継続的に行うことは慢性症状を軽減させることに効果的です。

椎間板ヘルニア

野球肘

原因

野球肩と野球肘は、投球時のスローイング動作が原因となって起こるスポーツ障害といえます。
野球はスポ根ドラマの題材にされやすいように、血のにじむような練習を続けることを美徳としているスポーツ、という特徴があります。
野球の指導者にしても、繰り返しボールを投げ込んでコントロールを身に付けるなど、運動量の多くするのを推奨するのも、野球の特徴ともいえます。
野球に関するスポーツ障害は、指導者の無理解による所も大きいことも問題なのです。

治療法

野球肩や野球肘の治療は、投球練習の休止が重要ですが、安静にしすぎるとかえって回復を遅らせます。
痛みの強い動作は避けて、練習をさせながら治療を進めるには、集中的な治療が必要となります。
短期間で集中治療し、早期復帰をはかることは筋力低下を防ぐことにもつながります。
またあわせて投球フォームの改善を行うことは予防にとっても重要です。

治療の流れ

  • 初期治療
  • カウンセリング
  • 再発予防カラダづくり
  • 競技復帰

アイズの治療はココが違う!!

初期治療

根底の原因

マッサージ

初期段階では、まず最も大きな要因を見極めて、適切な治療を行います。

また、生活の支障や心の不安にもつながる痛みを最大限和らげることを行います。

カウンセリング

一人ひとりの身体に

アイズ整骨院ではカウンセリングに力を入れています。
スポーツ障害、スポーツ外傷が専門分野である我々は、痛みをとる、完治させるといったことにとどまらず、復帰後の運動の能力の回復をサポートする治療を行います。
カウンセリングにて伺った内容を、専門知識やひとりひとりの身体的な特徴と照らし合わせて、治療内容を決定いたします。

カウンセリング

再発予防カラダづくり

再発防止

再発予防

身体的な特徴や運動の癖など把握し、それを整えるトレーニングなどを提案し、ケガになりにくいカラダを目指していきます。 ケガのアフターケアなどもお伝えし、再発予防をはかっています。

カラダづくり指導

それぞれカラダの弱い部分や、身体的な特徴を改善することで、ケガしにくい体になり、更にはパフォーマンスが向上していきます。
このカラダづくりの指導を行わせていただきます。

カラダづくり

競技復帰

ケガを乗り越え

ボクササイズ

ケガの期間をプラスに変える治療とトレーニング!
完治後も、アフターケアやパフォーマンス向上のお手伝いなど、いつでもご相談ください。